税務調査が入るまでの流れとは? | 会社設立・株式会社設立・起業なら東京スマイル

税務調査が入るまでの流れとは?

いつもお世話になっております。
品川区五反田最大手のミネルバ税理士法人でございます。
**********************************************************

今回は、税務調査が入るまでの流れについてご紹介します。
税務調査とは、法人または個人が行う税務申告に対し、申告内容が正しいかどうかを調べる調査のことです。
調査が行われる時期や調査の対象は決まっていません。
また税務調査には強制調査と任意調査があり、一般的なのは任意調査です。
今回は任意調査を取り上げ、税務調査の流れについて説明いたします。

①まず税務署から税務調査を行う旨の事前通知が来ます。
一般的には電話でかかってきます。
顧問税理士がいる場合、事前準備などについて話し合うようにしましょう。

②調査実施日の日程調整を税務署と行います。日程は会社の都合に合わせて調整できます。

③必要書類を揃えます。用意するものとしては、帳簿、帳簿作成の元となった資料、決算関係書類、人件費に係る書類等があります。各書類に関しては、調査官に求められた際にはすぐに提示できるようにしておきましょう。
参考として、税務調査で見られやすい勘定科目に、売上・仕入・棚卸資産・交際費・寄付金・人件費等があり注意する必要があります。具体的な注意点の例は以下になります。
・売上除外をしていないか、計上漏れはないか
・架空の仕入はないか、翌期の仕入が当期に計上されていないか
・期末の棚卸数量を意図的に除外していないか、計上漏れはないか
・交際費の中に個人的費用に該当するものが含まれていないか
・架空人件費は含まれていないか、身内への給料について勤務実態はあるか、源泉徴収の漏れはないか

④調査当日です。多くの場合、税務調査は数日間に渡って行われます。通常2日ほどで終わります。
必要書類の提示を求められたり、聞き取り調査が行われます。

今回は、税務調査が入るまでの流れについてご紹介しました。
税務調査は事前通知の後に行われます。調査の前にしっかりと事前準備をしておきましょう。

**********************************************************
税務、経理でお困りなことがありましたら、お気軽に
品川区五反田最大手のミネルバ税理士法人にご連絡ください。

0120-944-567 営業時間 平日 9:30-17:30

専門スタッフによる無料相談
0120-944-567 営業時間 平日 9:30-17:30

メール相談はこちらから