法人設立・株式会社設立・法人成りは東京Smileにお任せ下さい。【費用格安・資金調達相談・公庫紹介状つき!】

会社設立東京Smile

0120-944-567

営業時間:9:00-21:00

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

品川区の会社設立なら手数料0円から5万円割引き!創業支援や創業融資もお任せ!

会社設立東京Smileを運営している品川区五反田のミネルバ税理士法人です。

最近はニュースでも五反田バレーとして注目を集める品川区ですが、会社設立や起業家の支援についても充実しています。

品川区で会社設立を検討している起業家の方に向けて、株式会社設立や合同会社設立の段取りや、注意点、創業支援の内容などを整理していきます。

品川区創業支援等特別計画について

品川区で行う創業支援制度として、「創業支援等特別計画」というものがあります。他にもインキュベーション施設や各種セミナーを実施しています。

一カ月以上でさらに4回以上、品川区の創業支援窓口にて経営相談をした場合に、品川区から証明書を発行してもらえます。この証明書によって、会社設立時の登録免許税が半額になったり、融資を受ける時の優遇制度を受けらえるようになります。

1、登録免許税の減免

これから会社設立を予定している人は、品川区創業支援を受けて証明書をもらっておくことで、株式会社であれば15万円の登録免許税が7.5万円になり、合同会社であれば6万円の登録免許税が3万円になります。

2、創業関連保証の特例

融資を受ける時に、保証協会の創業関連保証を付ける場合、創業関連保証の特例を受けることができます。具体的な特例の内容は、管轄の保証協会に問合せをお願いします。

3、日本政策金融公庫の新創業融資制度について

もし会社設立後の融資を検討する場合、ほとんどの起業家が日本政策金融公庫を利用します。創業融資の枠組みがあるため、創業者向けの融資の可能性が高いためです。その際に無担保無保証で受けられる新創業融資制度というものがあるのですが、その時に必要な自己資金の要件が緩和されるのです。

創業融資を受けるには自己資金が必要なのですが、品川区の創業支援を受けておけば自己資金があるものとして審査をしてくれるわけです。注意点は、あくまでも金融機関側の立場になれば自己資金があるに越したことはないのと、審査の結果融資が通らない可能性も考えておかないといけません。

4、日本政策金融公庫で受ける融資の利率の引き下げ

日本政策金融公庫の融資を受ける人は、品川区の創業支援を受けておくことで、別途審査は必要とのことですが、安い利率を適用される特典を受けられるかもしれません。

⇒品川区創業支援特別計画について

品川区で株式会社設立・合同会社設立の進め方

弊社にて品川区の会社設立を進める時の簡単な流れを紹介します。

1、創業支援担当者とのミーティング

まずは品川区にて会社設立をする段取りや、注意点などを整理します。どんな事業をする予定で、何に悩んでいるのかを聞かせてください。

2、品川区で会社設立するための情報整理

品川区で会社設立するための書類を作成します。そのために商号や事業目的、本店所在地など最低限必要な住所を整理していきます。

3、印鑑証明書の準備

会社設立には印鑑証明書が必要です。株式会社の設立であれば、取締役と発起人が一通ずつ必要です。合同会社設立の場合は、代表社員の1通だけで大丈夫です。

4、会社設立書類の該当箇所へ押印

会社設立書類が出来上がったら、該当箇所へ押印をします。

5、品川区の公証役場へ定款認証(合同会社の場合は不要)

株式会社の設立であれば、品川区内の公証役場へ定款認証をします。合同会社設立の場合は、定款認証の必要がないので、このフローはありません。

6、資本金を振り込んで証明書類の準備

株式会社も合同会社も資本金を通帳に振り込みます。まだ法人口座が存在しないので、株式会社であれば発起人の通帳に振込み、合同会社であれば社員の通帳に振込みます。その通帳のコピーを合わせて資本金の払込証明書を作成します。

7、品川区の法務局へ登記申請

会社設立書類がそろったら、管轄の東京法務局品川出張所へ設立書類を提出します。登記申請を受け付けてもらった日が会社設立日となります。

五反田バレーの取組みについて

品川区五反田のエリアにてIT系のスタートアップ企業が密集していることから、シリコンバレーになぞらえて五反田バレーと新聞でも取り上げられるようになりました。

さらには一般社団法人五反田バレーという団体が中心となり、五反田エリアでの創業・スタートアップがさらに加速していくのではないかと思います。

五反田駅の周辺は、都市銀行の支店がすべてそろっており、地方銀行や信用金庫・信用組合も充実しているので、会社経営的にも便利な土地と言えます。

また、近隣の渋谷や恵比寿よりも物価が安いので、初期コストを抑えたいと考えているスタートアップ企業には適した環境です。

最近ではレンタルオフィスだけでなく、シェアオフィスやコワーキングスペースも五反田エリアで多く立ち上がっていますので、今後も多くの創業者を輩出するエリアとして期待ができます。

東京都品川区の会社設立に関する情報

会社設立に関わる品川区の情報をまとめてみました。

会社設立で利用する東京都品川区の法務局や公証役場など

東京法務局品川出張所

品川区の会社設立手続きは、東京法務局品川出張所が管轄です。登記申請を行い、設立後の印鑑カードや印鑑証明書、履歴事項全部証明書の取得はこちらで行います。

▼東京都品川区の公証役場

目黒公証役場

五反田公証役場

品川区の公証役場は目黒公証役場と五反田公証役場の二カ所です。株式会社設立時には定款の認証が必要なので、どちらかの公証役場で対応をするようにしましょう。

品川区役所

会社設立では品川区に個人の印鑑証明書を作成しにいく時に利用すると思います。また、本店所在地の正確な住所表記を知りたければ品川区役所に連絡して対応するようにしましょう。

品川区で行う創業支援の制度についても、品川区役所に直接連絡をした方が最新情報はすぐ取得できると思います。どんな創業支援・起業支援があるのか知りたい方は確認してみましょう。

品川年金事務所

会社設立後の社会保険の加入は、品川年金事務所で行います。自分で手続きするでも良いですし、社会保険労務士に代行を依頼するかたちでも大丈夫です。

ハローワーク品川

会社設立後に従業員を雇用する場合は、ハローワークで雇用保険に加入しないといけません。従業員を守るための制度ですので、漏らさず対応するようにしましょう。

品川労働基準監督署

従業員を雇った場合には必ず加入しなければいけない労災保険の手続きは品川労働基準監督署にて行います。

東京都品川区の会社設立の対象駅名

大崎|五反田|目黒|西大井|大井町|不動前|武蔵小山|西小山|下神明|戸越公園|中延|荏原町|旗の台|大崎広小路|戸越銀座|荏原中延|北品川|新馬場|青物横丁|鮫洲|立会川|大森海岸|戸越|天王洲アイル|大井競馬場前|品川シーサイド|

東京都品川区の会社設立の対象エリア

北品川|東品川|八潮|南品川|広町|東大井|勝島|南大井|大井|西大井|上大崎|東五反田|西五反田|大崎|西品川|戸越|豊町|二葉|平塚|東中延|中延|西中延|小山台|小山|荏原|旗の台

東京都品川区で会社設立の予定がある方は、お気軽にお問い合わせください。

Copyright © ミネルバ税理士法人 All Rights Reserved.