法人設立・株式会社設立・法人成りは東京Smileにお任せ下さい。【費用格安・資金調達相談・公庫紹介状つき!】

会社設立東京Smile

0120-944-567

営業時間:9:00-21:00

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

合同会社設立のメリットについて整理してみました!

合同会社設立のメリットについて整理してみました!

こんにちは、会社設立東京Smileを運営する、品川区五反田のミネルバ税理士法人です。グループ会社には上田公認会計士事務所と株式会社ミネルバコンサルティングがあります。

最近よく相談に乗るのが、株式会社と合同会社のどちらが良いのか?ということです。そこで改めて合同会社設立のメリットを整理してみました。

合同会社設立のメリットは大きく分けて4つあります。

(1)会社設立費用が安い

合同会社の設立に必用な費用は「登録免許税6万円」です。株式会社の登録免許税が15万円なのと比べると大幅に安く手続きができます。

他にも株式会社設立ですと、公証役場で定款認証の手続をしないといけません。定款認証手数料が5万1,000円ぐらい必要なのですが、合同会社の場合は定款認証をする必要がないので、この5万1,000円がまるまるかかりません。

さらに紙の定款を認証してもらう時には印紙税を4万円払わないといけないので、株式会社設立でかかる費用を合計すると最大で24万1,000円ほど必要です。

それに対して合同会社設立の場合は6万円だけで済むので、合同会社設立の方がメリットがあります。

(2)設立までの期間が短い

合同会社の設立は、株式会社設立と比べ公証役場で定款の認証が必用ありません。

株式会社であれば、設立書類を作成→公証役場で定款認証→登記申請という流れを踏むのですが、合同会社設立の場合は、設立書類の作成→登記申請ということで公証役場で定款認証する必要がないのです。

とはいえ、株式会社設立と比べ1~2日間程度の短縮になるようなイメージです。

(3)会社運営のコストが少なくて済む

株式会社と比べ、合同会社の方が運営にかかるコストが少なくて済むと良く言われています。

たとえば株式会社の場合は決算を行った場合は、基本的に官報による公告をしなければいけませんが、合同会社の場合にはそれが必用ありません。

また、株式会社の場合には取締役の任期があります。取締役が変わらないとしても任期ごとに再任登記を法務局へ行わないといけません。

合同会社には役員の任期は存在しないので、煩わしい手続や登記にかかる費用は発生しません。

(4)利益の配分の設定が柔軟

株式会社だと、利益が出たときの配当については株主が所有する株式の数によって変わります。

合同会社の場合には、株式の概念は無いので、定款の中で自由に利益の配分について、誰にどれぐらい分けるのかを決めることができるのです。

合同会社の設立でお悩みならまずは無料相談に

株式会社と合同会社では、税金の取り扱いに違いはありません。

どちらにしようか迷った時には、ここで紹介した会社設立費用の違いや、会社運営のしやすさなどを十分に検討して決めると良いと思います。

また、自分に照らし合わせて合同会社にすることによるデメリットなんかも整理しておくと良いと思います。少しでも心配な方は、ぜひ無料相談にお越しください。

    

ページトップへ
Copyright © ミネルバ税理士法人 All Rights Reserved.