お客様の声 | 会社設立・株式会社設立・起業なら東京スマイル - Part 2

お客様の声

合同会社Answer Make Solusions 代表 井上勝 様

事業内容を一言で教えてください

パソコンを中心としたIT機器の、データ復旧サービス

 

チャレンジする事業は何ですか?

仕事の成果はお客様からの感謝の言葉

お客様の大切なパソコンのデータが、壊れたりするなどして、取り出せなくなったものを復旧する仕事です。基本的にWebで問い合わせを受けて、機器を送って頂きそこから復旧作業をし、データを指定のフォーマットでお返しします。初期費用として3000円を頂き、データが復旧できた状況に合わせて成果報酬というスタイルをとらせて頂いています。

元々この業界は価格があってないようなものでしたので、言い値で価格が決定するということが多かったんですね。もちろん安く提供するための企業努力をしながらも、明朗会計を心掛けていますので、結果的に相場の半分ぐらいの価格でサービスが提供できています。

扱うものが会社の大切なデータだったり、家族の大切な写真だったりと、貴重な情報なため、そのデータが復旧できた時にはすごく感謝をされますね。仕事を始める前はこんなに感謝されるとは考えてもみなかったのですが、しっかりと価値を提供し、その対価を得て、お客様もこんなに喜んでくれるのは最高の仕事だと思っています。

本当の安定は動き続けた先にある

昔から、ビジネスになりそうな事を考えては紙に書きだしたり、ビジネスモデルをブラッシュアップしたりするのが好きでした。自分の事業を本格的に考え始めたのが震災直後だったこともあり、防災グッズの販売など、当時は色々と考えていましたね。そんな時にたまたまネットで見つけたのがデータ復旧というビジネス。学校もIT系に通っていたり、その後の仕事もIT系、趣味はパソコンの組み立てと、まさに自分にピッタリのビジネスだと思いました。そこから勉強を重ねてサービスをスタートしました。

最初から独立するにはリスクがあったので、サラリーマンをしながらダブルワークで起業の準備をしていました。本格的に独立しようと思った理由は大きく二つあります。一つは、お陰様でお客様が増えてきてダブルワークでは対応しきれなくなってきたこと。もう一つは30歳を過ぎて改めて自分の人生を本気で考えたときに、本当にやりたいと思っていた独立という道に現実味が増してきたということです。

それでも10年以上ずっとサラリーマン生活だったので、独立することに大きな恐怖心がありましたね。ただ、一度きりの人生なので、後悔だけはしたくない。やりたいことをやろうと思い、独立という選択をすることができました。

 

ミネルバ税理士法人と何を作りあげたのですか?

僕は経営のプロになろうと決めました。だから、経理は経理のプロへ

やっと会社を設立して独立すると決断できたものの、会社設立の具体的なフローや経理関連の仕事は今まで全くわかりませんでした。ゼロから自分で勉強することも考えたのですが、本業の仕事が軌道に乗り始めているタイミングで他のことに時間をかけている余裕がなかったのです。そこで会社設立からその後の税務・経理のサポートを一貫して対応してもらえるミネルバ税理士法人にお願いをしました。私の役割としては今の事業をしっかりとスタートアップさせ経営のプロになり、税務・経理はその道のプロに任せた方が安心だと思いました。

おかげで事業に集中することができており、毎月売上も順調に伸びています。今年中には都内のタワーマンションに事務所を移転することを計画中です。

 

今後の展開を教えて下さい。

データ復旧からITコンサル・オフィスコンサルへ

昔は大手パソコンメーカーでお客様と対面の営業をしていました。入社2カ月でトップセールスになり、MVPをはじめ多くの賞をもらうことができました。その後転職をし、電話によるパソコン販売のセールスの分野でもトップセールスとなり、社内での記録は今でも塗り替えられていないのではないでしょうか。元々、どうやったらお客様に興味を持ってもらえるのか、買ってもらえるだろうかを考え、工夫を重ねることが好きでしたし、それを実践してきた結果だと思います。

こうした経験から、①対面で接客をする能力②電話で接客をする能力③ゼロから売る仕組みを作る能力を身につけることができたと思っています。それが今の事業が順調に伸びている要素にもなっているのは事実で、今後はこうした内容を、他に必要とする企業に提供したり、コラボレーションすることで新しいビジネスを創り上げていければと考えています。他にもITに関連する事業なら制作やデザインをはじめ、様々なことに事業を広げていければと考えております。

ドローンによる建物調査を主に営むお客様【男性】

今回は設立1期目、ドローンによる建物調査を主に営む社長にお話を伺いました。

◆自分の意志で、人の役に立つ仕事がしたい

現在、ドローンは空撮や災害調査、警備など多くの分野での活躍が期待されており、社長はこれからの公共インフラになる実感を持っていらっしゃいました。さらに、会社で長年キャリアを積んできた社長は、会社の方針に従って仕事をするよりも自分の意志で社会の役に立つ仕事がしたいという思いがおありでした。そこで着目されたのが、ドローンを使った建物調査です。
震災や台風が多い日本では、災害による建物の劣化が多くみられるため、今まで人による調査を行ってきました。そこにドローンを活用することで、人件費を30%も抑えることができることに注目し、今後の主力事業にしていこうと考えておられます。また、調査時に災害による破損を、保険会社に請求するスキームを作ることで、他社との差別化も意識されています。

◆今後の展望

今回、法人設立をするにあたり、スピード感をもって行動することを大事にしておられます。まだ1期目ということもあり、今は知り合いの事業の下請けをすることが多いと話されました。それでも、徐々に従業員を増やして、3期目には自立してエンドユーザーと直接取引を行えるよう事業展開していきたいと、希望を持っておられます。
それ以外にも、ドローンを使った新しい事業を考えて挑戦していきたいと語ってくださいました。

言語教育サービスを展開するお客様【男性】

今回は、設立1期目、主に言語教育サービスを展開する若き社長にお話しを伺いました。

◆ 言語を通じてより良いサービスを展開する!

社長は海外のゲーム会社で働いていた経験を活かし、英語に関する講師業をしていらっしゃいます。現在は大学や専門学校で講師を勤め、培ってきた言語技術を学生の方々に提供されています。
設立を決めたきっかけとして、講師先の学校や案件を多く獲得することができたこと、そしてより多くの方々に向けて言語教育サービスを展開していきたい、といったことから設立されました。展開予定の言語教育サービスとしては、資格取得を目指すというよりは実際に会話をしたい方、趣味として外国語を学びたいといった方に向けたサービスを展開していくそうです。社長はとてもユニークかつ面白い方で、私もお話した際には「面白いな、会話が弾むな」と感じました。そのため、会話をしたい方や趣味として言語を学びたい方にとって、抵抗なく楽しく言語を習得することができるでしょう。

◆ 今後の展望

社長は「言語は資格を取得・高得点を取ったからといって、会話などの実用的なものを完全には習得できない」ということをおっしゃっており、言語=資格ではないと思っている方や、洋画や洋楽などの趣味のために学習したい方に向けて、英語に限らず、日本語や中国語などの言語についてもサービスを展開していきたいそうです。日本人や日本在住の外国人に向けて様々な言語教育サービスを提供し、言語の楽しさや話せる喜びを伝えていきたいと語ってくださいました。

パーソナルトレーニングジムを営むお客様【女性】

今回は、設立1期目、”女性トレーナーによる女性専用”パーソナルトレーニングジムを営む社長にお話を伺いました。

◆パーソナルトレーニングは、人生を変える

5年以上パーソナルトレーニングに関わってきた社長にとって、「パーソナルトレーナー」とは、トレーナーとトレーニー双方の人生をポジティブに変えてしまうほどの素晴らしい職業だそうです。
ですが、プロとしての将来に夢を持てないまま仕事をせざるを得ないトレーナーが多くいる現実がありました。
そこで“きらきらした夢を持ったトレーナーによってこそ、会員に最高の価値を提供できる”と考え、さらにトレーナーと会員を女性限定とし、トレーナーが3年で独立できるよう全面的にサポートするというビジネスモデルで起業を決意されました。
社長は、①楽しむこと②積極的にリスクを取ること③期限を切ってタスクに取り組むことという経営信念のもと、高い技術と人間性を備えた女性トレーナーがきらきらした夢を持って指導をし、女性視点で細かいところまで気持ちの行き届いた空間で会員が心地よく自分磨きに専念できる、という全く新しいパーソナルトレーニングジムの形を実現されています。

◆“夢のある若者がキャリアとして選ぶ業界“へと先導する

今後の展望について、優秀で夢を持ったトレーナーたちが、他では得られない素晴らしい自分磨きの時間を会員へ提供することで、パーソナルトレーニングジム業界全体を夢のある若者が喜んでキャリアとして選択する業界へ先導し変えていく!とお話いただきました。
社長は今後の事業と業界の発展のため、自社の理念に共感し技術的・人間的にも優秀な女性トレーナーを常に募集していらっしゃいます。リスクなくジムのオーナーになれるよう、道筋をつけて協業していただけます。

 

お笑いライブの進行・設置業を営むお客様【男性】

今回は、設立3期目、お笑いライブの進行・設置業を営む男性社長にお話を伺いました。

◆業界に新しい風を

今回お話を伺った社長は、長年、個人事業主としてお笑いライブ等の進行に携わってきた経験をお持ちの方です。
起業を決めたきっかけは、従来は分業していた業務を統合させることで、作業全体を円滑に進められるルールを作りたいと思い、起業を決意されました。
業界として、競合関係はなくエリアごとで仕事を分担しているため、このルールを自分の会社だけが行うのではなく、他の会社にも取り入れて業界全体のルールにしていきたいという社長の思いがありました。

◆従業員が第一!でも自分の人生も楽しみたい!

従業員がいてくれるからこそ、仕事が出来ているので従業員が働きやすい環境を作ることを第一に考えていらっしゃいました。従業員が苦だと感じる会社になってしまうなら、規模を大きくする必要はないと考えておられ、規模を大きくしないことで、社長自らが従業員と関わりやすい環境を心掛けているとお話してくださいました。
会社を今まで通り働きやすい環境にしていく中で、個人としても人生を楽しみたいという気持ちをお持ちでした。ビジネスに繋がるかどうかはともかくとして、自分が面白いと思うことに挑戦していきたいとお話をしてくださいました。
お話していくうちに、社長の前向きな姿勢が、会社として前向きな経営が出来ている一つの背景でもあるのだと実感しました。

映像プロデュース業を立ち上げのお客様【男性】

今回は、設立3期目、映像プロデュース業を営む社長にお話しを伺いました。

◆ プレイヤーとして成長し続けたい

大手制作会社でキャリアを積んできた社長ですが、1つの会社で出世し、管理職として部下のマネジメントに集中するよりも、自分で作品を作り続けたいという想いがあり、独立を決意されたとのことでした。作品作りを通じて、自分自身がプロデューサーとして成長し続けたい、もっとたくさんの作品を作りたいという想いがあったとお伺いしました。

◆ 若手が食べるために他の仕事をしなくていいように

会社設立にあたり、社長が目指したのは「働き方を変える流れを起こす会社」でした。良い作品を作るためには朝から晩まで働き詰めなければならない、という昭和的な働き方が浸透している業界ですが、そんな空気を変える流れをつくる1人になりたいと考えていたそうです。
海外での事例などを参考にして、設立当初からオンラインでのミーティングを取り入れたり、人材を確保しつつ、若手がやりたい仕事をできるように契約の形態を工夫したりと取り組まれています。新型コロナウイルスの影響もありオンラインを活用した働き方は浸透してきていると実感されているようです。
お話を伺う中で特に印象的だったのは、「若手が食べるために他の仕事をしなくていいようにしたい」という社長のお考えです。業界の特徴として、作品単位での契約が主流とのことですが、社長は良い人材とは年間契約を結んでいます。若手が生活に不安を抱えずに自分の目指すキャリアに集中できるような環境を整えているとのことでした。自社の利益だけでなく従業員のやりがいや成長を大切にする姿勢がとても印象的でした。

1 2 3 4 5

起業に関するアレコレ。
些細なことから、なんでも
お気軽にご相談ください。
専門スタッフがお応えいたします!

\ ご相談は何度でも無料 /
受付時間 平日 9:30-17:30